下痢はストレスが原因?気になる改善方法とは!?

下痢はストレスが原因?

下痢はストレスが原因なんでしょうか?気になりますよね。

ここでは下痢になってしまう原因とその対策方法を詳しく書いていきたいと思います!

これを読めば下痢になる前に症状を和らげることもできるかもしれませんよ!

ストレスを受けると腸の活動が変化する!

大腸や小腸の働きは、自律神経によって支配されています。

緊張や不安を感じるとお腹が痛くなったり、胃腸が痛くなった経験はありませんか?

原因は、このようなストレスを胃腸が受けてしまうと、活動がいつもよりも活発になることが原因です。

活動が活発になると、便が腸内を早いスピードで通過してしまい、しっかりと水分を吸収しないまま排便されてしまいます。

これが下痢です。ストレスを受けている時に下痢になってしまう方の多くは、真面目で責任感の強い方が多いみたいですよ。

このようなストレス性の下痢の対策方法は、気持ちの持ちようです。

下痢になってしまうかも…。

大丈夫かな…。

上手くいくかな…。

など、不安な気持ちを心から取り除くことが胃腸を改善する方法だと思います。

更に下痢になるのを防ぐには!?

毎日食べている食事にも気を付けて下さい。

せかせかとあまり噛まずに食べていませんか?

胃に入る食べ物が大きければ大きい程消化しにくくなります。

そうなってしまうと消化器官の負担が大きくなってしまうので、よく噛んでゆっくりと食事をすることを心掛けましょう。

また、飲み物は冷たい物を選ばずに、常温、もしくは暖かい物を飲むようにすると、腸の働きが低下するのを防ぐことができますよ!

お酒やたばこも厳禁です。

飲みすぎ・吸い過ぎはやはり身体に負担がかかります。

運動不足やストレス解消をしない方は、慢性的に下痢になりやすい傾向があるので、自分なりのリラックス方法を取り入れて、ストレス解消や運動不足解消につとめて下さいね!

このように、身体の内側・外側の両方からケアをしていく事で、身体がストレスを受けた時も下痢になりにくい身体を手にすることが可能です。

病は気からとも言います。

あなたのメンタル面の強化も必要なのかもしれませんね。

まとめ

下痢になってしまう原因として、ストレスもその1つです。

責任感が強く真面目なあなたは、大事な場面でなんでお腹の調子がいつも悪くなってしまうんだ…。と思われていると思います。

それはあなた自身のメンタル面の強化と、日ごろの食生活や運動・ストレス解消法など、身体を労わる生活をすることで徐々に改善できる事です。

この機会に下痢になりにくい身体を目指しましょう!